fbpx

【臨床編】痛みが消えてからリピートが苦手な先生へ

こんばんは

一野式セミナー
代表 一野恭範です。

いつもブログをご覧になって頂きありがとうございます。

【一野式会員残りわずか!!】
※一野式会員の枠が残り30名となりました。

『一野式会員募集 11月25日(月)まで』
通常初月11000円→今なら3980円(税込)
(2ヶ月目から11000円税込となります)

【200本以上の動画が見放題】
↓↓↓↓↓↓↓↓↓
https://ichinoshiki.com/monthly-charge/toroku

今日の、ブログでは

「痛みが消えてからリピートが苦手な先生へ」

に向けて、一野式で大事にしている考え方をお伝えしていきます。

この内容は、実際に一野式のクライアント様から頂いた質問ですが

治療院の先生の中には、同じ壁で悩まれている方も多いのではないでしょうか?

私自身も過去に同じような経験をした事がありますが、患者さんに対して

ある「言葉かけ」を変えるだけで、その悩みが一瞬にして解決できる方法がありますのでシェアしたいと思います。

実は、
「痛みが取れた後に、リピートが取れない先生にはある特徴があります」

結論からお伝えすると、患者さんをリピートさせる為に

【説得】・【納得】させようとしてしまう・・・特徴があります。

例としては、

先生自身、痛みが取れるまでは身体の内容について治療や説明がしっかりとできているので、患者さんはある程度改善するまで通われますが

痛みが取れたタイミングで先生自身の思考の中に、

さぁ今日からは、

・何を理由にしてリピートしてもらおうかな?

・どのように身体の歪みや状態を伝えてリピートしてもらおうかな?

と、患者さんに対して

【説得】や【納得】してもらう為の言葉を考えてしまうケースがあります。

この考え方がある事で、先生と患者さんの思考にギャップが生まれ離脱が起きてしまう事があるのです。

具体的にリピートが取れない先生に多いケースとして、

患者さんに対し

・今、痛みは随分回復しましたがまだここに骨の歪みや筋肉の緊張が残っていますので今後も症状が戻らないよう治療を頑張りましょう。

ざっくりですが、このような表現のケースがあります。

ここで大事なことは、まずは自分に立ち返って考えてみることですが

もし、あなたが患者さんの立場だったらどうでしょうか?

既に、身体の痛みが無くなっているにも関わらず、

まだ自分の身体を指摘され治療が必要だと先生から言われる訳です。

私は、治療師ですので身体を日頃から整えておく理由は重々に理解していますが、

一般の患者さんのほとんどは、
痛みがなくなったら治療終了と思っている事がほとんどではないではないでしょうか。

その為、患者さんの中には、

「せっかくここまで頑張って治してきたのに、この先生はまた身体を指摘して通わせようとしているのかな?」


そう、感じてしまう患者さんもいるかもしれません。

治療院の先生からすると「まさか、患者さんがそんな事、、、」と思うかもしれませんが

事実、患者さんからよく聞く言葉ですので、治療院の先生はこれを知っておく必要があります。

そこで、先生と患者さんとの間に思考のギャップが生まれ離脱が起きてしまうのです。

この時に、意識して欲しい事は

まずは、痛みがなくなった中でも頑張って通われている患者さんを

「認めてあげる・褒めてあげる」事が大切です。

 

それは、患者さんの頑張りを「承認」することでもあります。

わかりやすく言うと、

「〇〇さんは、初めに比べて痛みも回復されているのにも関わらず、ご自身のお身体のためにいつも頑張って通われていて素晴らしいですね」

表現は色々ありますが、このような感じでも良いかと思います。

そして、その会話の上で

「これから自分はどうなりたいですか?」

「これからどのような未来を実現したいですか?」

と患者さんが、「これから欲しいもの」を聞いてあげると、

「〇〇のような体でいたい!」

「さらに元気になって〇〇をしたい!」

など、将来の夢のような話をしてくれます。

このような話を聞いていく事で、先生が今まで知らなかったような

「患者さんの趣味・大切にしている人や物」が鮮明に見えてきます。

そして、その未来のゴールに向けて

「〇〇さんが求めている、〇〇に向けて一緒に頑張っていきましょうね!」

このような形で、今後の施術計画を立てていく事で

患者さん自身も自分で話した未来に向けて治療を続けたいと思いますし

それを全力でサポートして頂ける先生がいるなら、例え痛みが消えても

「先生、これからもお願いします」

と患者さんから話して頂けるようになっていくのです。

今回は、

「痛みが消えてからリピートが苦手な先生へ」に向けて

一野式で大事にしている事をお伝えさせて頂きました。

最後に少しだけ、、、

痛みが改善した後のリピートは
先生から患者さんを「説得や納得」をさせるのではなく、患者さんが求めているゴールに向けて一緒に治療計画を立てていく事がヒントとなります。

今回は少し長くなりましたが、少しでもあなたのお役に立てると嬉しいです。

今後もより良い、情報を配信していきますので楽しみにお待ちくださいね。

【一野式会員残りわずか!!】
※一野式会員の枠が残り30名となりました。

『一野式会員募集 11月25日(月)まで』
通常初月11000円→今なら3980円(税込)
(2ヶ月目から11000円税込となります)

【200本以上の動画が見放題】
↓↓↓↓↓↓↓↓↓
https://ichinoshiki.com/monthly-charge/toroku

本日も最後までご覧頂き
本当にありがとうございました。

一野 恭範

会員サービスの手続きができないなど緊急の質問がありましたら下記のメールアドレス(一野式事務局)へご質問下さい。
↓↓↓↓↓
ichinoshiki3@yahoo.co.jp

一野式筋肉骨調整法【公式メルマガ】

喘息・椎間板ヘルニアの施術動画を公開中

月商820万円以上を売上げる整骨院。その整骨院で採用している問診・検査・施術・アフタフォロー・通院指導までを完全収録した施術動画を無料でプレゼントいたします。

一野式筋肉骨調整法

「一野式メルマガ」

↓↓↓↓↓↓↓

https://ichinoshiki.com/メルマガ登録

「一野式筋肉骨調整法 LINE@」

↓↓↓↓↓↓↓

https://line.me/R/ti/p/%40ail0907e

「一野式筋肉骨調整法 FaceBookアカウント」

↓↓↓↓↓↓↓

https://www.facebook.com/ichinoshiki1125/

一野式筋肉骨調整法 ベーシックコース

↓↓↓↓↓↓↓

関連記事

一野式【紹介テクニック②】

下肢の痺れ 3つのポイントとは?

【最新】一野式VSその他の技術!!

残念ながらポキポキする骨格矯正は根本治療ではない、、、

【股関節・膝】

【告知】一野式セミナー 募集スタート!!