fbpx

【下腿全体の変形】

一野式筋肉骨調整法

代表 一野 恭範です。

本日も一野式ブログをご覧頂きありがとうございます。

昨日のブログでは、坐骨神経痛5点療法の1つ目のポイントである【足の甲の変形】のメカニズムについてお伝えさせて頂きました。

今日は、次に連鎖する

【下腿全体の変形】

について「なぜ歪み」・「歪みを治すとどうなるのか?」について書いていきたいと思います。

坐骨神経痛に関係する下腿の変形はほとんどが

【下腿O脚】に変形していきます。

下腿がO脚方向に変形する理由は、前回お伝えした足の外側重心により下腿軸自体も外側に圧力が加わるようになり、下腿外側にある腓骨筋の強い収縮の力で下腿全体を外側に向けて牽引する力が働きます。

その方向にかかる力が持続的且つ長期間に至ると、さらに下腿の骨は外側に向けて変形していき下腿O脚が完成していきます。

【足の甲高】による変形から【下腿全体のO脚変形】が進行する事により、膝から下の土台が崩れ、大腿骨や股関節がさらに不安定になっていきます。

その結果、骨盤周囲の筋肉は不安定な骨格を支える為に過緊張を発生させ、その代償として太い神経である坐骨神経を圧迫し神経痛が発生していくのです。

では、次に【下腿全体の変形】を整えるとどうなるのか?

O脚方向に変形した下腿を、一野式専用道具でコンコンと軽く刺激しながら整えていくと下腿軸が外側から内側へ真っ直ぐになっていきます。真っ直ぐになる事により土台の安定感と共に骨盤も整っていきます。

結果的に、地に足が着いた安定感が生まれ、足指の力もしっかりと入るようになり、膝から下がガチっと安定した形を作ることができます。

今回お伝えした内容は、坐骨神経痛5点療法の2点目のポイントになりますが、このポイントを精密に整える事ができれば再発は起きなくなります。

実際にセミナーでは、【下腿全体の変形】に対してどのような見立てで

視診・触診を行うのか?

当て木はどの角度で当てるのか?

叩く強さ・リズムはどのくらいなのか?

本当に骨がその場で動いていくのか?

この辺りは、一野式を習得していく上で最低限必要ですのでしっかりとお伝えしていきます!

まだまだ2点目の解説ですが、もっと一野式を深く学んでみたいなと思っている方がいましたら、是非この機会に1月セミナーに参加してみてくださいね!

次回は3つ目のポイントの【腓骨単体の変形】についてお伝えしていきますので、楽しみにお待ち下さいね。

【セミナー案内】
来年1月に東京と大阪でセミナーを開催します!
興味のある方は今すぐ下記のサイトを確認してみて下さいね!
【今なら早割特典あり】
↓↓↓

本日も最後までご覧頂き

本当にありがとうございました。

一野 恭範

一野式筋肉骨調整法【公式メルマガ】

喘息・椎間板ヘルニアの施術動画を公開中

月商820万円以上を売上げる整骨院。その整骨院で採用している問診・検査・施術・アフタフォロー・通院指導までを完全収録した施術動画を無料でプレゼントいたします。

一野式筋肉骨調整法

「一野式メルマガ」

↓↓↓↓↓↓↓

https://ichinoshiki.com/メルマガ登録

「一野式筋肉骨調整法 LINE@」

↓↓↓↓↓↓↓

https://line.me/R/ti/p/%40ail0907e

「一野式筋肉骨調整法 FaceBookアカウント」

↓↓↓↓↓↓↓

https://www.facebook.com/ichinoshiki1125/

一野式筋肉骨調整法 ベーシックコース

↓↓↓↓↓↓↓

関連記事

【治療院の學校】私が最も尊敬する人をご紹介します。

【顎関節症の治療法】

【側湾症治療法】

臨床報告 膝の屈曲制限の治療ポイント

一野式「紹介テクニック③」

【たった1分で撃退】股関節痛